自営業の人が住宅ローンを通すには?

個人事業や自営業の人が自分の家を建てたいと考えるとき、現金一括で家を購入することも可能ですが、現金が手元にない場合は住宅ローンを組むしかありません。その場合、一般的には会社で雇用されている人よりも個人事業主の方が審査に通りにくいという現状があります。個人事業主は、収入自体が多いとしても、税金や国民健康保険を安く済ませるために経費を計上して所得額を少なくすることで、税金の軽減などの対策を講じます。こうすることで税金の負担を軽くすることができる一方、所得が少ないという判断をされるので、住宅ローンなどに通りにくくなるというデメリットが生まれてきます。所得が500万円を超える場合は問題ありませんが、申請する所得を低くすればするほど、税金も安くなるため、200万円以下で申請する人もすくなくありません。この場合は、かなり厳しいのが現状です。例えば3000万円の家を購入したいと考えている場合、過去3年間、所得が上向きになっていることを前提に、300万円以上の所得があることがセーフティーラインになります。家を建てたい、購入したいと考えている場合で、住宅ローンを使う場合は、税金が高くなってしまうとしても300万円以上の所得があることを申請した方がローンの審査に通りやすくなるので考慮しておきましょう。

>> 自営業でお金を借りたい

助産婦の仕事内容とは?

医療に従事する人の中にも様々な種類の診療があります。その中でも、とても重要な医療として産婦人科があります。昔はそれぞれの街に一人はいた助産婦さんですが、今は産婦人科や個人の診療所などで助産婦さんが活躍しています。助産婦さんの基本的な仕事はシンプルに解説すると、妊娠した女性の出産をサポートする重要な仕事です。妊娠してから出産まで、初めて出産を経験する人も、この助産婦さんがいることで安心して出産できるというものです。助産婦さんがいなければ安全な出産ができません。自宅で出産するという方もいますが、やはり安全な出産をするにはこの助産婦さんの力が必要不可欠です。助産婦も看護師の資格を持ち、医療に従事することができるため、助産婦になるには医者や看護師と同じように医療の知識を学ばなければなりません。大変難しい仕事ですし、責任ある仕事です。しかも出産時は母体にも子供にも大きな負担がかかることから、基本的な医療の知識を知らないと万が一の際に対応できません。助産婦さんという言葉だけを見ると近所の人でもできそうなほど親しみやすさを感じますが、しっかりとした知識を要した医療従事者です。将来助産婦になりたいと考えている人は多大な責任と知識が必要となることを理解しておきましょう。

 

>> 助産婦の求人